FC2ブログ

こ茶子の日常的呟き

★★★こ茶子の執筆スケジュール及び各種小説群一覧へは
こちら→【 こ茶子小説作品群リンク 】をどうぞ^^♪★★★

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←こ茶子の妄想日記042(つくし記憶喪失陰謀もの・娘を愛人?!) →こ茶子の妄想日記044(使えなさ過ぎて無職の司の再生もの)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png お題
総もくじ  3kaku_s_L.png こ茶子の日常
総もくじ  3kaku_s_L.png オリジナルサイト&投稿サイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 美男ですね
もくじ  3kaku_s_L.png 面白or感動動画
  • 【こ茶子の妄想日記042(つくし記憶喪失陰謀もの・娘を愛人?!)】へ
  • 【こ茶子の妄想日記044(使えなさ過ぎて無職の司の再生もの)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「花より男子」
★こ茶子の妄想日記031~

こ茶子の妄想日記043(司記憶喪失分岐の総受け)

 ←こ茶子の妄想日記042(つくし記憶喪失陰謀もの・娘を愛人?!) →こ茶子の妄想日記044(使えなさ過ぎて無職の司の再生もの)
 せっかくだから、花男卒業で永遠にお蔵入りが決まったネタ帳のプロットをこちらにて公開。
 誰かネタ帳見て、萌えたら書いてプリーズ?w

(もちろん、かなり派手な鬼畜話やまったくストーリーの触りだけのものもあり。閲覧にはご注意?くださいm_ _m)



043・タイトル未定




 F4のつくし争奪話(総受け)
 エンドヒーローは考えていなかったが、私の執筆スタイルからして、未定のまま書くのは無理なので、ラストまでバリバリ詳細プロットを作るが、誰ラストかは完結まで読者には内緒。


 ラブコメ



 司の記憶喪失分岐。
 つくしがNYに去った司を諦め、家族とともに東北のド田舎へと移転して5年。
 司どころか、類やあきら、総二郎とも疎遠になっていたつくしだったが、桜子や滋、優紀とは交流があった。
 地方の大学を卒業したが、滋の誘いもあり、東京に戻ってくることに。
 当初滋が大河原への就職を斡旋したがコネを忌避し、かといって在所にはロクに仕事がなく、やはり就職するなら東京だろうということで、東京の大学に進学をして一人東京に戻って一人暮らしをしていた弟の進をサポートする意味合いもあっての帰京だった。


 結果、滋の猛プッシュに負け、口利きはしないことを条件に、ダメ元で大河原を受け、就職が決まる。
 地方大学とはいえ、真面目で成績優秀者だったつくし。
 道明寺HD以外は他にもいくつか候補があったのだが、どちらにせよ、どこもF4や滋の息がかかっていない会社はなく苦肉の決断。



 大学の4年間はとにかく勉強に、バイトにとがむしゃらで、司を忘れる為の意味合いもあり彼氏を作るどころではなかった。
 が、すでに司と別れて5年。
 自分も社会人、これからはバリバリと働いて自分の生活を自分で作っていける。
 「東京では今度こそ彼氏を作るぞ~」
 と意気込み新たに。



 疎遠になっていたとは言え、F4で唯一季節の時候の挨拶くらいは交わしていた類が、つくしが戻ってくる報告に、自分がまだつくしを好きであることを自覚する。
 一方、司とつくしがまだ付き合っていない頃、つくしに淡い好意を抱いたこともあるあきら。
 つくしの帰京のことを滋伝(祝賀パーティの誘い)で知るが、その前にひょんなことで、つくしと出くわす。
 不倫相手の旦那に不倫がバレて、街中でいざこざになっていたところで、つくしが基点をきかせてあきらの恋人を装う。
 ラブラブの恋人がいて不倫なんかありえないと。
 かなり大根だったが、あきらはもちろん不倫相手も口裏を合わせ、半信半疑ながら相手も引き下がっていった。
 その後あれこれと話をし説教されもしたが基本優しいつくしに、過去を思い出すあきら。
 つくしがいれば、自分は陽の光の中で輝くような恋愛ができるのではないかと。
 西門流でお茶を習っているという優紀に頼まれ、友達の代打で、ホテルイベントの茶会に参加するつくし。
 優紀も知らなかったのだが、他の西門一門の茶道家が行うイベントの予定が、その茶道家がインフルエンザに罹患。
 急遽総二郎も代打で亭主を務めることになったのだった。
 と、それぞれに再会する。
 が、中でも総二郎だけは別につくしには特別なものを感じない。
 だが、つくしとの気安い会話に、一期一会の恋人たちには感じない楽しさを感じる。  そして、滋主催のつくし帰京祝賀パーティで一同に介する。
 NYの司だけは出席していなかったが、友人たちの前で、多少は思うところもあるが司をもう吹っ切っていて、彼氏を作ろうと思っているつくしの話を聞き、あきらと類が名乗りをあげる。
 あくまでも酒の席として、つくしは冗談だと思い取り合わないが。
 面白がる総二郎、滋、桜子。
 心配する優紀。
 

 NYの司に一応は宣戦布告?をしにいく、あきらと類だったが、記憶がない司はなんのことやら。
 司は特に荒れるでもなかったが、生き生きとすることもなくただ淡々と機械的に毎日を過ごしていた。
 なんで自分に?状態の司にお前が元彼だからと。
 多少なりとも引っかかる司だったが、基本無気力な男となっていた。


 が、日本支社長への就任が決まり日本へ。
 その間もあれこれありぃので、あきらと類がつくしにアプローチしまくっていた。
 それを面白がって見ていた総二郎だったが、困ったつくしの避難所?になっているうちに総二郎までもがつくしに好意を抱き出す。
 ついには日本に戻ってきた司に総二郎が宣戦布告したことで、大いにつくしへの関心が高まり、今のつくしについて調べさせる。
 滋のところにいることを知った司が、仕事を利用してつくしと接触。
 無気力男が嘘のように、つくしにグングン惹かれてゆき、すっかり赤の他人状態になっているつくしをよそに、四巴の争奪戦が始まる。


 F4とはまったく付き合うつもりのないつくし。
 「やっぱり、昔夢見ていた、平凡な恋愛よね!」と同僚の自分と似たようなタイプの社員とほんわか雰囲気で、ほのぼの恋愛?に向かっていた。


 まあ、平凡男なので、触りだけでたぶん早々に退場。
 とてもF4に対抗しきれいないので。
 順平や金さんが登場して参戦するのも面白いかも?
 あるいはこの平凡男=織部兄ってことでもいいかも。



**********
 ※こちらは、こ茶子の交流SNS(花男)・『君を愛するためにを語ろう!』で公開中の与太話の再掲です。
 一部、以前こちらで公開した妄想ネタに加筆修正したものもあります。
 面倒臭いのでSNS上にて公開したほとんどそのまんまをこちらに載せています^^;
 ネタ帳のストックが切れた、飽きた等で終了…あとはまあ、妄想が浮かんだらまた書くかも。
 また与太話なだけに辻褄合わせや、誤字脱字もチェックしていないのでご容赦をm_ _m
**********




関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お題
総もくじ 3kaku_s_L.png こ茶子の日常
総もくじ 3kaku_s_L.png オリジナルサイト&投稿サイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 美男ですね
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png お題
総もくじ  3kaku_s_L.png こ茶子の日常
総もくじ  3kaku_s_L.png オリジナルサイト&投稿サイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 美男ですね
もくじ  3kaku_s_L.png 面白or感動動画
  • 【こ茶子の妄想日記042(つくし記憶喪失陰謀もの・娘を愛人?!)】へ
  • 【こ茶子の妄想日記044(使えなさ過ぎて無職の司の再生もの)】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【こ茶子の妄想日記042(つくし記憶喪失陰謀もの・娘を愛人?!)】へ
  • 【こ茶子の妄想日記044(使えなさ過ぎて無職の司の再生もの)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。