FC2ブログ

こ茶子の日常的呟き

★★★こ茶子の執筆スケジュール及び各種小説群一覧へは
こちら→【 こ茶子小説作品群リンク 】をどうぞ^^♪★★★

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←こ茶子の妄想日記048(ダブル不倫・ロクデナシ夫なつくし) →こ茶子の妄想日記049(『司の記憶喪失』テーマの短編10連打)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png お題
総もくじ  3kaku_s_L.png こ茶子の日常
総もくじ  3kaku_s_L.png オリジナルサイト&投稿サイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 美男ですね
もくじ  3kaku_s_L.png 面白or感動動画
  • 【こ茶子の妄想日記048(ダブル不倫・ロクデナシ夫なつくし)】へ
  • 【こ茶子の妄想日記049(『司の記憶喪失』テーマの短編10連打)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「オリジナルサイト&投稿サイト」
雑記(執筆関連総合)

『夢見るように愛されたい』完結

 ←こ茶子の妄想日記048(ダブル不倫・ロクデナシ夫なつくし) →こ茶子の妄想日記049(『司の記憶喪失』テーマの短編10連打)
こ茶子です。
こんにちは。


2017/12/06~約一週間に渡って、小説投稿サイト【エブリスタ】にて連載してきた、


 『夢見るように愛されたい』
https://novel18.syosetu.com/n7573ek/


を2017/12/13 に完結いたしました。
みなさんにもさんざん広告していましたが、【ムーンライトノベルズ】と【ベリーズカフェ】協賛のラブファンタジー大賞の書籍化コンテスト用に執筆した、女性向けヒストリカル風ラブロマンス。



~すみません、今回はいつも以上に、グチグチ言い訳だらけです^^;~



第一回だったので、果たしてどういう傾向の作品が求められているのかイマイチわかりませんでしたが、ベリカの傾向(ムーンライトノベルズは不明)からして、きゃぴきゃぴしたのだろうなあ、と思ってはいたのですが、これのプロットを作り始めた頃には、前回のコンテスト作品⇒即だったので、かなり疲労&焦りがあって、もう傾向がどうのとか面倒になってました^^;
ははは。
ので、けっこうシリアスなテーマで、こりゃ、前回以上に求められているものとは違うな、と思いつつ、まあ、一応コンテストに応募してるんだから、入賞を目指していることは確かだけど、このコンテストスケジュールに合わせてたくさん作品を執筆することが一番の目的(何か制約ないと燃えないのです、私^^;)なので、とりあえず前作2つは頑張って書いたからいいか、と、趣味に走ること決定!
Rはカットの可能性ありとは要項に書いてありましたが、ムーンライトノベルズ自体18禁サイトだし、最近かどうかはわかりませんが、以前に何作か参考に書籍を購入して読んだところ、それなりに派手ではなくてもR表現あったので、まあ、前作よりは抑え目にR入れた方がいいんだろうな、的な感じ。


期日は12/13。
計画段階からして、前回のベリカのコンテスト期日から13日しかありませんから、早めにエブリスタをあげなきゃとか、その時点でヤバさを感じてたんですが、……やっぱり自分を高く見積もっちゃうもんですねぇ^^;
ローのモチベーションからそう簡単にハイにあがるはずがない。
そして、エブリスタでの執筆段階からしてすでに、遅れに遅れ、複数応募するつもりが、ティアラ文庫1作品、オパール文庫1作品しかできなかった上に、『不埒なキス』なんて、ギリギリ期日最終日完結。
ひぃ!ってなもんで、その上、よせばいいのにお礼作品の予告なんてしてしまったので、後には引けない><;;
予告、ヤバイっす。
でも、これしないとズルズル楽な方に逃げちゃいますしね。
で、『裸足のシンデレラ~』と『不埒なキス』の小話を計4作書いたものの、すでに終わった感が漂ってしまい、どうしても頂点から一気に最底辺にまで下がったモチベがあげられず、それでも次の期日を守らないと、このコンテスト行脚さえも挫折したカタチで終わってしまいそうで……重い腰を叱咤。


ここで、想定外だったんですが、……投稿サイト【ムーンライトノベルズ】のHP構成が私にはめっちゃ合わないというか、難しかった><;
一作投稿し終えてやっとなんとか理解できたっぽいですが、まだサクサク目的のページに行けません^^;
ここ【小説家になろう】の分家の上、どうも作品ストックの場所は共有みたいなので、この先もお世話にならないといけないんですが、正直、ここで投稿していてあんまり楽しくなかったなぁ。
いや、このサイトがお好きな皆さん、すみませんm_ _m
実は他の方の作品は楽しめました。
自分でも意外だったんですが、タイトルや煽りが今まで読んできたものとはまるで180度違ったのでカルチャーショック受けてたんですが、新境地で面白かったw
いやあ、これが今流行りのライトノベル風?(たぶん、女性向けラブが主眼みたいなので多少違うと思いますが)
ハマって毎日読みたい!とはちょっと違うんですが、でも読み始めたら最後まで読み切れるほどに面白かったです。
(はい、実はどうにも執筆意欲が上がらず、1週間の内半分サボってました^^;)



話を戻して、投稿形式の解読からまずつまづき、二重投稿したり、どこから投稿すればいいのか、一度画面をかえてしまったらわからなかったり。
また、二重投稿、どうやって消すんじゃ!なんてことも。
そこらへんの雑感は気力があったら、エブリスタのを書いたように書いてみますが、これたぶん、ここの投稿形式が好きな人が書いたほうがいい気がするとか、初めて思ったり。いいところはたくさんあると思うんですが、自分が苦手なのであまり思いつかない……。


ハッ、不満タラタラは置いておいて、なんだかんだで13日あったはずの執筆期間が、12/6~スタートすることに。
そして、頑張れたのは残り3日になって。
もう夏休みの宿題フィーバーですよw
まあ、連載を追ってくださった方たちはご存知だと思いますが、久々に大量更新した~という感じ。
毎年恒例の【君を愛するために】での年次記念八回更新×7日間、今年のはあらかじめ書いてあったものですから、余裕ありありでしてたし、年次記念以外大量更新やめてましたから、ここ1年そういう切羽詰まった書き方しませんでした。
今回は過去最高に書きましたね。
最終日、16回分更新分 4万字。
日付超えてから2回分書いて一度寝てるので、次の14回分かもしれませんが。
前の日もかなり書いてるので、いやあ、人間やれるものですねぇ。
最終日なんて、かなりガッツリ、パソコンに貼り付ける環境だったのも幸いでした。
いつもは夕食のあと、さんざん子供とくっちゃべってるんですが、「すまん、あと自分で片付けておいてくれい!」と子供にも申し訳ないことを^^;
さらには、旦那が仕事忙しすぎて友人のうち曲がりして週末しか帰ってこないプチ別居状態で子供が寝たあとの夜の時間は、旦那の今から帰るんだ~、他おやすみコールまで何回かメッセージでやり取りするだけで、丸っと自分の時間だったのも幸いしたなw
てなことで、残り3日はある意味、1週間に匹敵したのでトントン。




このコンテスト7~15万字推奨(あくまでも推奨ってところが凄い。まあ、基本推奨で収めないとまずいと思いますが)。
前回のコンテストより自由度がかなり高く、すでに12万字規定の作品を2作あげて慣れた気がしたので、12万字想定でプロット作成。
『裸足のシンデレラ~』がヒストリカル初作品だったんですが、これの失敗を鑑みて、あらかじめかなり前設定を構想していたので、今回はちゃんと入り込めました、ホ。
やっぱ、実在しない国とかでも、それなりに妄想の元設定ないと辛いです、私には^^;常に、中世ヨーロッパ貴族の一日のスケジュールwとか、服装について書かれたHPを開いた状態でかきかき。
まあ、中世を一口にいっても次代の幅は広いですが、どのみちあまり細かいところはあくまでも娯楽小説なのでいらなかろうと、無難なイメージを中心に書いていたつもり。
『裸足の~』よりはよほどそれっぽい雰囲気になっていたと思います。
やっぱり、王子様でべらんめぇはないよね。
これからは海賊とかそういう設定ではない場合は、ちゃんとお上品に喋らせます!
たぶんw
まあ、そのかわりやたらと堅くなってしまった気もなきにあらず。
「~ですわ!」
とか、書いてて最初、気恥しかったです^^;
まあ、そもそも外人名前からしてなんか違和感あったりもしましたが。



それぞれのキャラ設定ですが、

ロザリア(ヒロイン)
…イタリア人イメージ。ツイッターでも呟きましたが、実在の人物のルクレツィア=ボルジアさんをイメージしました。当然、兄はチェーザレ。もちろん、デフォルメしてますし、そもそもこの二人に関する私の知識も小説なので、原型はないようなものですが。名前もイタリア人名から。国名やら街名は適当にイタリアの実在の都市を変形。
11才で最初の結婚している設定になっていますが、この頃は13~16才結婚が普通だそうで、9才で結婚とかもあったようです。そもそも生まれる前から婚約者が決まっていることも多く、家と家の結婚なので、逆に女性が60歳になっても結婚させられたりとかあった模様。再婚は珍しくなかったんですねぇ(あくまでも自由意思はほぼなし)。
そして、夫婦ともに愛人こさえてもあり。
いつもながら、途中脱線して、フランス国王の愛人とかいろいろ検索しまくりましたが、愛人が夫持ちで、たいてい妻が国王の愛人とかステータスになるケースもあったそうですが、それが許せなくて批判して、逆に投獄されて左遷された気の毒な公爵様とか出てきたりも^^;


レオン(ヒーロー)
…親友他ドイツ人イメージ。片目設定でしたし、ヒロインと年が離れている設定でしたが、あまり生かせてなかったかな^^;年が離れている設定は包容力を出したかったんですが、あの中途半端に丸めたお話だと包容力どころか、やたらと若返って?情けないところしかなかったようなTOT
しかも、片目なのも伏線の一つだったのに出せなかったし。よよよ。


他、とりあえず、名前はそれぞれの出身国由来の名前にしています。
テオは、一応、ドイツ系王族(だけど、外国人)の父親(ヒロイン元夫)と北方系の血が入った小間使い設定なので、名前はドイツ人、見た目はミックス美少年。



今作は途中まではけっこう自分でも気に入っていて(コンテストではダメだな、こりゃとは内心思ってましたがw)、突貫に入ったこともあるかもしれませんが、けっこうノッてきてたんですよね。
ただ、それが遅すぎた><
3日前の段階で、間に合わないかもしれないフラグが頭の中で鳴り響いていたのにも関わらず、丸める覚悟もできず(楽しかったのでw)、最後の一日以外はさすがにあまり家にいなかったのでノってても執筆時間がとれませんでした。
それに私も機械じゃないので、自分の時間全部執筆だけとかできませんしねぇ^^;
いや、最終日はやりましたけど。
睡眠不足もあってかなり虚ろでしたがw



そして、絶対に間に合わないと思いながらも、一縷の望みを捨てきれず、そうそうにRは朝チュンだなと捨て(R18設定にしたのに><、これ後から変えられないんです、このサイト)、昼過ぎ、ついに改変することに。
いや、一応前の日多少の改変は構想してたんですが、最終日で実は起承転結の承までしか書けてなかった…。
そうです。
終わった話なのでネタバレしますが、ヒロインが悪夢を見るところまでは予定どおりでしたが、以後はとってつけ。
傷口にチュウやりたかったのに、出来なかったし( ̄∇ ̄)
本当は、

①夫婦でパーティに参加し、そこでロザリアが元妻の母親に怪我させられ、ヒーローが自分に素直になって、ヒロインとラブラブ。でも、ヒロインが実は前夫の暴力や最初の夫の幼児セクハラのせいで男性恐怖症気味…だけど、妻の義務で乗り切ってきた的なところを理解して、プラトニックラブに。


②プラトニックだけどラブラブ。中世的デート(あまりないんですが^^;貧しい時代&自由恋愛がない時代だけに。まあ、そこは妄想かなり盛り込んで、公園や野原デートや、祭り見物、遠乗り、狩り、そこらへんかな。)。


③戦死したはずの元暴力夫が生きていた!戻ってこいコール。逆らって殴られまくるロザリア。激怒するレオンが、ロザリアを助けた上で、決闘を申し込む。


④決闘。

と、いった流れになる予定でした。
まあ、もちろん決闘にレオンは勝つんですが、卑怯な夫に隻眼だから銃は苦手だろうと銃勝負に持ち込まれることに。
ハラハラドキドキ大反対のロザリアを騙し?決闘に出かけるが、テオがロザリアを連れ出して決闘現場にかな。


最後までというか書くまで保留にしてましたが、元夫を殺しちゃうか、どうするか迷っていました。
いや、ラブロマンスなのであまりダークになっちゃうのもな、と殺さない方向に傾いていましたが、この人殺さないと、キリスト教国(架空の国なので、宗教も違いますが、イメージして書いてるので)での離婚はいろいろ難しいだろうな、と。
基本再婚は死別じゃないとできないし。実は当初、ロザリアが最初の夫と‘白い結婚(肉体関係なし)’設定にしていたのも、離婚理由にする為(ルクレッツィア=ボルジアがそう)だったんですが、結局腹上死しちゃったので、意味なしおな設定に^^;


本編では書ききれませんでしたが、エリアスの存在は、レオンが元夫を殺すのはアレだろうと、元夫を殺す&レオンが罪に問われない為の人物でした。
エリアスはレオンの帝国の風来坊皇帝です。レオンの伯母のヴァネッサの娘の一人を皇妃としていて、愛人ワンサの人で、影武者を皇宮において水戸黄門している設定。
決闘に勝ったものの勝負がついたので、元夫を殺さず、現れたロザリアに気を取られたレオンを卑怯にも後ろから殺そうとしたのを、エリアスが助けるかな。
で、卑怯なことをした元夫を連行。闇から闇に葬る?w
まあ、そこらへんもかえてあまりダークにならずに、ロザリアの実は妹を愛している兄やら、父も協力してロザリアの元夫との離婚を教会に認めさせ、レオンとの結婚を有効にして大団円とするつもりでした。


Rはロザリアがレオンを恨む元妻の母に怪我を負わされた時(ロザリアの怪我&恐怖感を慮って最後まではいかず。)と、決闘後を予定してましたが、決闘前にも入れてもよかったかな。


そう、穴に落ちて云々なんて設定急場拵えで、まったく予定になかった設定でした^^;
いや、もう25回分くらい、エブリスタのページ数だったら約120ページくらい、文字数にして6万字くらい捨てましたからね^^;
ちなみに、この穴エピで4万字補填。
たった2万字ですが、されど2万字。
しかも、規定には3万字くらい余裕があるから過ぎてもいいか、くらいに思ってましたしね^^;
なんとか規定内の10万字で完結させましたが、なんとも心残りが多い作品となってしまいました。


再編したの読みたい人、コメントください。
やる気アップします!
まあ、なくても書くかもしれないし、書かないかもしれませんが・・・。
そのままの方がいいよ!の意見も聞きたいです。


ツイッターでも書きましたが、私の作品ワースト3にランクイン><
好んでくださった方には申し訳ないですが、

ワースト
3-夢見るように愛したい
2-裸足のシンデレラ
1-鼻を摘んで目を閉じて

ですかね。

『鼻を摘んで目を閉じて』は意外に読者数がそれなりにいて、ベリカでも45位までつけたので、とりあえず削除してませんが、正直、あれはもう痛恨に凹んだ作品です。
初めてのオリジナル短編ということもあって、全然入り込めず、自分的にリズムの悪い作品><;;
えてして、書いてる人間と読者とでは違うものですが、次の短編『Double Cool』の方はけっこう気に入ってるんですけどね^^;
まあ、たしかにあんまり面白味的にはないのか、ベリカで週間注目作品に選ばれたわりには読者が『鼻を摘んで~』よりも少ないです。
ランキングはさすがに取り上げられただけあって、けっこう行きましたが、読者(しおり)がつかなかったということは、また読みたいとは思わなかったということですからね^^;


『裸足のシンデレラ~』は、うーん、初めてのヒストリカルだけあって、ブレブレでしたかね。
あの始まりからして、お、スーパーS!?と皆さんも思ってくれたと思うんですが(そう願う)、実際には大してそんなことがなかったし、自分でも何を書きたかったんだこの話は!……的な^^;でもまあ、とりあえず仕方ないな、これがあの時点の精一杯だった、的な納得もあって、書き直したいとまでは思っていないというか、それをやるくらいなら新しい作品で最初に目指したスーパーS書けばいいや、と。


そして、この『夢見る~』。
これはもう、一番悔いがありますね。
けっこういい感じにノっていたからこそ、ちゃんと完結させてたらきっと達成感あったのに!と。
一週間といえど、自分の作品と読者さんを裏切った感がハンパない。
しかも、すでに削除されていますが、完結直後感想が入ってまして、思いっきり、そこらへんの事情を見破られてました^^;
やっぱ、わかるもんなんですねぇ。
いや、全然誹謗中傷とか、文句とかではなく、気を遣いながらも残念だったというコメントで、そのまま残してくれて良かったんですが、私が凹むと思ったのか、次の日には削除されてました。
いや、逆にすみません、のお返事したかったですが。
でも、あれで、一度書いた作品は書き直ししない!をモットーというか、苦手なので無理だろうな~と、二次を含めてやったことないんですが、初めてかなりやりたい気持ちが↑たぶん、自分でも途中までは気に入った作品だったからだと思います。
ただ、ムーンライトノベルズの場合は一度完結させてしまうと、完結を取り消せないのでどうしようかな、と。



しかも、とりあえずは、まだコンテスト行脚途中ですし、一度応募して、今の目標はとにかく応募しまくる!が主眼なので、選考を終えないうちには改変できません。
とりあえず選考が終わったら、誤字脱字もしないとあれですし、そのまんま修正してゆくか(完結させると、次の話を投稿できないので、一話のところに二話詰め込んで、空きを作る?)、それも苦痛なので、いっそあまり推奨されていませんが、一度、削除して、あらたに投稿しなおすか、といったところでしょうか。
その場合、先に連載再開して、元のは残した状態にし、完結した時点で元のを削除する感じかな。
予告もしますが。


ただ、これはコンテスト行脚を一段落させるか、他のコンテストで一度落選した作品を再応募してもOKなところをターゲットにした時にじゃないとやれませんが。
とにかく期日内の完結を優先したのも、一度自分の目標を諦めてしまうと、だだ滑りにもうこの自分企画自体ズルズルフェードアウトすること必須でしたからねぇ。
期日内の完結を諦めて、他のコンテストに鞍替えしようかとも何度となく脳裏をよぎりましたが、きっとそれやると、他のコンテストでも中々意欲がわかずにギリギリまでやらない&けっきょく期日に間に合わず、次になってしまい、それも、の悪循環にハマります。


とにかく期日に間に合わせること、要項を守ることが絶対原則かな。
普通は入賞が主眼なんでしょうけど、そこまで自信ないので、あくまでもこの行脚でたくさんの作品を残すことが主眼です。
それが楽しんですw
(今回は、家族にも迷惑かけたのも、ガッカリなところですかね^^;最終日、ロクな会話もせず、ほんと申し訳なかった。)
でも、それで後悔する作品作ってりゃ世話ないですからね^^;
楽しんで読んでくださっていた読者さんがガッカリするのも切ないですし。



さて、後悔をダラダラ書いてきましたが、次の予定は、ベリーズカフェでのラブロマンスです。
こっちは現代もの。
これがまた3~20万字とまた凄い幅があるんですが、3~10万字だと電子書籍だったかな?のマカロン文庫、8~20万字だとベリーズ文庫になる模様。



さすがに、13日は疲れたので14日は必要最低限以外は爆睡&ダラダラ。
子供をスイミングに連れてゆき忘れたり、超適当夕飯にしたり、さらには子供より早く寝たりwもしましたが、まあ、おしゃべりを楽しんだりもしましたし、日常に。
うちはみんなおしゃべりですが、最近はまだ控えめだった長男がまたえらくおしゃべりに^^;
まあ、喋らない男よりは楽しくていいと思いますが、娘よりしゃべるぞ、こいつw
首振るのが大変ですw
私もおしゃべりなんですが、自分が喋る暇がない^^;
ちょっと気になるのが、次男があんまり喋らなくなってきたこと。
あまりにしゃべりすぎてダラダラ食べてたので、お父さんに食事中におしゃべり禁止にされてたのがアレなんでしょうかねぇ。
いや、たしかに食事がダラダラするのはよくないことですが。
まあ、まったくしゃべらないわけではないので、普通の範囲なのかもしれませんが、やたらと喋る家族ばかりなので、ちょっとしゃべりが少なくなるとむしょうにきになります^^;



とか、日常を挟み、リフレッシュできたようで、すぐに次が思いついた!
やっぱり休みなく、次をはじめようとかするとかえって良くないのかも^^;
『不埒なキス』⇒『夢見る~』の間もダラダラはしてましたけど、やらなくてはいけないプレッシャーの中で結果的にサボったので、リフレッシュできなかったみたいです。
今回は最初から開き直って、一日休む!と決めていたので、逆に書かないことが落ち着かず、惚けてましたが、それが良かったのが、午後にはなんか書くかな~でもな、と思いつつ、ツイッターで呟いたり、この記事書いたり。
そういうのも書かないつもりだったんですが、書きたくなったのでw



とりあえず、まだプロットを作成していないので、本決まりではないんですが、ツイッターで呟いてたら次々思いついたので、今の段階では、


 奥様に聞いて~スパダリ獲得法~


 三人称
 すでに結婚している設定(テーマが同居、結婚、溺愛だったかな?推奨らしいです)
 ヒロイン……専業主婦 普通女子
 ヒーロー……メガネ美形 銀行系?政治家系でもいいかも。


最近知ったのが『スパダリ』。
誰かの作品のまえがきとか、レビューで見て、なんだこれと検索。
スペックスーパーのダーリンの略だそうで、まあ、ようは御曹司なんちゃらとかわらないんですが、今回はこれを念頭に行くかなと。


理想的な旦那で幸せ絶頂。出会いのきっかけはけっこう何気ないもので、どうしてそれで結婚?とヒロインは自分でも不思議だが、熱烈アプローチされ、結婚生活も最高。
でも、友人に胡散臭くない?と言われ、自分でもそんな気がしてきて、疑い始める。
こんな平凡な自分になぜ?!
って感じですかね。
でも逆に、そんな平凡な自分を騙してメリットなんてないし、と否定しながらも幸せな日々、偶然、夫の魂胆を知ってしまう。
が、たしかに最初は魂胆があったし、そのおかげのメリットもあったが、ヒロインとの触れ合いで、夫は本当の愛に目覚めていて、騙しているわけではなく本気でヒロイン溺愛。
しかし、目的も達成していたので、妻が夫の愛を疑い、でも、結婚生活を終わらせたくないので、言えずに悶々、夫婦の間がおかしくなってきて……。
間にライバルが入ってすったもんだする、かな。

魂胆が何かまではまだ考えていないんですが、うーん、ヒロインの母が超金持ちだか大物政治家の一人娘で駆け落ちしたとか?
それで彼女と結婚することで、大物政治家の支援をヒーローが受けられるとかかな。

あるいは、復讐目的?

いろいろ構想の余地アリかな。
大物政治家の孫娘の方が明るくていいかも。
復讐目的はダークな気もするし、でも、前に『不埒なキス』ともう一つ候補にしていた構想を横流してもいいかも。


とりあえず、次回参加のコンテストは期限に余裕がありますが、1月に3つコンテストがあって、ベリカのコンテストを皮切りに、2日後期限が一つ、あとは後半に、なので、できれば三つ応募したいので、今作は今月中の完結を目指します。
クリスマスやら正月もありますからね^^;
さすがに大掃除やら家族サービス……うが、年賀状まだ書いてない!も考えると、もうノンビリしてられない。
今日中にプロットあげて、できたら連載開始したいと思っています。
ベリカは勝手知ったる……というところなので、投稿自体に戸惑いはないので大丈夫かな。
ただファンメールでの挨拶や、未完作品についても告知したいとか、ここのところ誤字脱字さえチェックしないで公開している【君を愛するために】の『愛してる~』のチェックやら、【こ茶子の日常的呟き】の記事準備やらやること盛りだくさんだな!



人生忙しいくらいの方が楽しいのは確かですけどね!
私仕事でも暇な仕事って大嫌い^^
やるからには激務が大好きですw
おかげで独身時代は午前様帰り……、早朝出勤あたりまえ。
休日出勤だけは最初の職場で切れて以来、断固やりませんでしたが。
子供できて仕事辞めて、暇こく予定がけっこう忙しかったし。
しかし、子供が小学校も半ばになってくるとけっこう自分の時間もあるのでダラダラしている専業主婦。
さすがにもう、激務には戻れないけど、やっぱり家事や夫や子供、ババの世話だけではなく何かしらしてないと落ち着かないのです。



自分でもどこまで本気かわからないけど、まがりなりにともコンテスト行脚してるのも、再就職(こっちも年齢的にできるか疑問。でもま、パートくらいは)すると間違いなくそっちに入れ込むので、小説書かなくなるだろうし、できたらこのまま小説書いていきたいという気持ちがあるので、そこらへんからでしょうかねぇ。
つまり、二次だけしか書いてない時は、適当にそのうち辞めるつもりでしかなかったってことかな。


またも長くなってしまいましたが、今日は文章書く暇なさそうなので、明日の更新は妄想日記か、書ければ『ムーンライトノベルズ雑感』もしくは、新作のプロット作成して、『新作について』かな。
では、また明日!



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png お題
総もくじ 3kaku_s_L.png こ茶子の日常
総もくじ 3kaku_s_L.png オリジナルサイト&投稿サイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 美男ですね
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
総もくじ  3kaku_s_L.png お題
総もくじ  3kaku_s_L.png こ茶子の日常
総もくじ  3kaku_s_L.png オリジナルサイト&投稿サイト
総もくじ  3kaku_s_L.png 美男ですね
もくじ  3kaku_s_L.png 面白or感動動画
  • 【こ茶子の妄想日記048(ダブル不倫・ロクデナシ夫なつくし)】へ
  • 【こ茶子の妄想日記049(『司の記憶喪失』テーマの短編10連打)】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【こ茶子の妄想日記048(ダブル不倫・ロクデナシ夫なつくし)】へ
  • 【こ茶子の妄想日記049(『司の記憶喪失』テーマの短編10連打)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。